ブリスター
BLISTER - ブリスター: World Characters Store
Fate/Zero
※送料無料※TV Fate/Zero Blu-ray Disc BOX II
最新コメント
プロフィール

タクタップ

Author:タクタップ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
フォートラベル
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グラン・トリノ
Category: 映画  
昨日グラン・トリノを見ましたw

というのも嵐の二宮和也君表紙のBRUTUSで泣ける映画として高いランキングに入っていたというミーハーな気分
からですw

以下ネタばれありの感想です。

主役頑固なオヤジコワルスキー氏兼監督を務めるのはクリントイーストウッド。
彼はその頑固な性格から二人の息子や孫たちと大きな溝を作ってしまう。
妻に先立たれ孤独にすごしていたある日、隣のモン族の少年にかかわり話が急展開する。

モン族のギャンググループがコワルスキーの隣の家の少年タオにコワルスキーの宝物ともいえる車
グラントリノを無理やり盗ませようとする。そして、タオは盗んでいる最中コワルスキーにバレそれに失敗。
再度盗ませようとするギャングたちにタオはそれを拒否。
そのときのいざこざでコワルスキーが丁寧に手入れをしている庭を荒らし、コワルスキーは激怒。
彼らの争いを自分のために止めに入る。
ただ、隣のモン族の家族は彼に恩義を感じお礼をしようとする。
そのとき、タオがグラントリノを盗もうとしたことが発覚。
タオは償いのためにこの頑固な老人の家に通い始め不思議な友情がはじまる。
その後ギャングというか悪ガキ集団の嫌がらせが続き、タオとその家族のために最後は彼らに戦いを挑みにいく。そして・・・

とまあこんな感じですが、男の奇妙な友情(親子とも友達とも言えるような関係)や庭などを非常に大切にする対するコワルスキーの考え方(多分古いのアメリカの家庭はそういうのを大事にしてたんだろうなあ)、移民の人々の新しいカルチャーなど面白い点やアメリカの古い習慣がよくわかりとても楽しかったですw



グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ [DVD]
(2009/09/16)
クリント・イーストウッドビー・バン

商品詳細を見る
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。